春を告げる野菜『セリ』

行方市観光協会by:行方市観光協会

明けましておめでとうございます。行方市観光協会です。

本年も宜しくお願い致します。

春の七草『セリ』

お正月料理や七草粥でもおなじみの春を告げる野菜『セリ』。生長する様子が競り合うように伸びることから『セリ』と名付けられたと言われています。

日本原産の野菜で古くから栽培が行われていた『セリ』ですが、行方市は全国でも有数の産地であり、茨城県の銘柄産地にも指定されています。

大変なセリの収穫

春に親セリを栽培し、秋に水田へ植え付け、収穫は10月中旬頃から4月の後半ぐらいまで。出荷のピークは年末から1月7日の七草粥の頃です。

セリ農家の方は冬の冷たい水田の中で収穫作業をし、作業場で出荷準備をしています。

独自の香りのあるセリですが、これから春に向かって特に香り高く、歯ごたえも良く、ますますおいしくなります。行方産のセリは質の良い水で育つため、アクが強くなく食べやすいと評判だそうです。

セリのおいしい食べ方

貧血・高血圧の改善。香り成分は保湿効果・発汗作用があり、冷え性に効果があるとされる『セリ』。

セリと油揚げの混ぜご飯や

セリの天ぷらは霞ヶ浦のシラウオや川エビとかき揚げに(^^♪。楽しみ方はいろいろです🎵

行方産の『セリ』を食べよう

行方産のおいしいセリは行方市観光物産館こいこいで購入できるのはもちろんの事!!

行方市観光物産館こいこい

行方市玉造甲1963-5

0299-36-2781

スーパーなどでもお買い求めいただけます。

ご購入時には、ぜひ!!産地も気にしてみてください(価格は時価です。)


まちの小ネタ一覧ヘ