【委託型・6月28日締切】求ム!神栖市地域おこし協力隊~神栖市דあなた”のアイディアで観光を盛り上げる!~

神栖市by:神栖市

活動対価は月最大22万5千円年最大200万円の活動経費も!

活動してもらうことが決まった方には、市と委託契約を結んでもらい、毎月活動対価をお支払いします。また、年間最大200万円の活動経費も別にお支払い! 家賃や自動車借上料の補助のほか、活動に必要な研修の参加費なども対象です♪

気になった方、まずは市の担当者とお話してみませんか?

神栖市ってどんなところ? 具体的にどう活動していくの? 観光イベントってどんなものがあるの?などなど…地域おこし協力隊に関する不安・疑問があれば、神栖市観光振興課宛メールアドレスkanko@city.kamisu.ibaraki.jp)へご連絡ください。ご希望があれば、WEB会議システムを使った相談もセッティングします!

募集要項

  • 【関連ファイル】
  • 令和3年度神栖市地域おこし協力隊募集要項
    応募様式
  •  
  • 【雇用関係の有無】
  • なし
  •  
  • 【業務概要】
  • 1年目は地域活動と市内の観光情報の収集・発信を中心に神栖の強み・弱みを分析してもらいます。以降2年目は1年目に集めた情報をヒントに地域資源を活用する事業の企画を中心に,最後の3年目には実際に市や観光協会などとともに地域資源を活用する事業の実施を中心に活動していただきます。
  •  
  • 【募集対象】
  • ◯求める人材像
    (1)活動期間終了後も神栖市に定住し,就業または起業する意思のある方
    (2)観光振興に興味があり,市や観光関連事業者,地域住民などと意欲的にコミュニケーションを図りながら,自発的・計画的に行動できる方
    (3)心身ともに健康な,おおむね20~60歳の方
    (4)法令(特に神栖市情報セキュリティポリシーなど)を遵守し,公序良俗に反しない行動ができる方
    (5)情報発信や観光関係の企画立案に携わった経験がある方(歓迎要件,必須ではありません)

    ◯募集要件
    「求める人物像」に合致し,次の要件をすべて満たす方。
    (1)三大都市圏をはじめとする都市地域などに現に住所を有する方で,委嘱後,神栖市に生活の拠点を移し,住民票を異動できる方。
    (2)普通自動車免許を有し,実際に運転ができる方
    (3)パソコン(ワード・エクセルなど)の基本操作及びインターネット(ホームページ・SNSなど)で情報発信などができる方
    (4)次のいずれにも該当しない方
     ①成年被後見人又は被保佐人
     ②禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
     ③当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者
     ④人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて,地方公務員法に規定する罪を犯し刑に処せられた者
     ⑤日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者
  •  
  • 【募集人数】
  • 1名
  •  
  • 【勤務地 】
  • 協議して決定します。
    希望があれば、観光振興課内にフリースペースを設けることも可能です。
  •  
  • 【勤務時間 】
  • 委託契約となるため,指定しません。ただし,市と協議の上,月毎に活動目標と活動予定日時を記載した活動計画書を提出していただきます。
  •  
  • 【雇用形態・期間】
  • (1) 身分 地域おこし協力隊員として,神栖市長が委嘱します。
      ※ 市と雇用関係はないため,社会保険料などは自己負担となります。
    (2) 委嘱期間 委嘱の日から令和4年3月31日まで。
      ※ 活動状況や実績を勘案し委嘱期間を更新できるものとします(最長3年)。
  •  
  • 【給与・賃金等】
  • (1) 活動対価
     最大 225,000円(月額)
     ※ 市へ毎月提出していただく活動月報などの実績により,月額を決定します。
    (2) 活動経費
     最大 2,000,000円(年額)
     活動計画,日報及び月報などの内容を審査し,適正と認められるときは,市の予算の範囲内で活動に要する経費を支払います(年額上限2,000,000円,要証拠書類)。ただし,適正と認めた場合でも,市と隊員で協議の上,経費の支払に上限額を設ける場合があります。
  •  
  • 【待遇・福利厚生】
  • (1) 社会保険
     市と雇用関係はないため,社会保険料などは自己負担となります。
    (2) 地域おこし協力隊委託期間中の協力隊以外の就業・業務請負など
       地域おこし協力隊の活動に差し支えない範囲で,他の業を行うことができます(要届出)。
    (3) 研修
     段階別に国・県が実施する研修のほか,隊員が希望する研修を市が活動に必要であると判断した場合,活動経費をあてて参加することができます。
  •  
  • 【申込受付期間】
  • 2021年05月28日 ~2021年06月28日
  •  
  • 【審査方法】
  • (1) 第1次選考(書類選考)
    書類選考の上,結果を応募用紙記載の住所あてに文書で通知します(7月上旬予定)。応募方法や応募書類などは募集要項をご確認下さい。
    (2) 第2次選考(面接)
     第1次選考の合格者を対象に,神栖市役所で,プレゼンテーション及び面接試験を行います(7月下旬予定)。 
    (3) 最終選考結果の報告
    最終結果(内定)は第2次選考終了後に文書で通知します。
  •  
  • 【参考URL】
  • https://www.city.kamisu.ibaraki.jp
  •  
  • 【備考】
  • 応募に際しては、必ず募集要項をご一読ください。
  •  

お問合わせ先

神栖市観光振興課 佐藤
〒314-0192 茨城県神栖市溝口4991-5
TEL: 0299-90-1217 FAX: 0299-90-1226


新着記事一覧ヘ